カラ・カラーエフ作曲家の100年記念コンサート

2018年は、ヨーロッパでよく知られているアゼルバイジャンの作曲家カラ・カラーエフの100年記念です。作曲をショスタコーヴィチのクラスで習ったカラーエフの作品にはロシア音楽の影響が結構感じますが、どんな曲を聴いていても、「これはアゼルバイジャンの音楽だ」というところがモードやハーモニーなどでとても感じられます。2018年には、ドイツ、フランス、ロシアでカラ・カラーエフの記念コンサートが行われました。日本ではこのようなコンサートは初めて、「音楽の家」企画で行います。日本では聴く機会があまりない音楽を一緒に楽しみましょう!2018年11月25日、東京の同仁キリスト教会で行コンサートで、お待ちしております。楽器の演奏、歌、そしてバレエパフォーマンスも入っているとても面白いプログラムです。

そして、同じチラシの裏に、もう一つアゼルバイジャン音楽イベントのお知らせが載せてあります。これは、伝統音楽ライブです。こちらの方が先ですが、11月10日東京の西荻窪にあるライブハウスで、アゼルバイジャン伝統音楽ライブが行います。伝統楽器奏者大平清さんが企画したイベントです。アゼルバイジャンのクラシック音楽とまた違う、伝統音楽の音色を一緒に楽しみましょう!

P.S. ペアチケットのことについて。11月10日ライブにいらっしゃる方で次の、カラ・カラーエフ記念コンサートに行きたい方の場合はチケット500円割引になります。(チラシにご案内が載せてありますので、ご覧ください)。

9/11. メモリーコンサート2018

皆さん、こんにちは。

毎年東京で行う、9/11テロで亡くなった人々を思い出す、というメモリーコンサートの第17回には私も参加させていただきます。立派な出演者の方々と一緒に舞台に出ることは、とても嬉しいです。色々なジャンルのパフォーマンスが入っているプログラムですので、お時間がありましたら是非おいでください。(細かいご案内は、チラシをご覧ください)。

生徒さんのコンクールで成功

2018年の夏は、うちの教室では嬉しいニュースがありました。二人の子供の生徒さんがそれぞれのコンクールで入賞しました。6才の臼井優里ちゃんが日本クラッシックコンクールで第二入賞者になって、7月の24日は東京のサントリーホールで行った入賞者のガラーコンサートで参加しました。そして、8月に町田コンクールに出ていたもう一人、小学校三年生の髙木陽茉莉ちゃんが第一入賞です!

本選を客席から聴いていた私はもちろん、自分の生徒さんを一番応援していましたが、子供達みんなよく頑張っていました。私は審査員の方々を見て、「こんなに頑張っている人数の中から入賞者の決めるのは難しいお仕事だな・・」と考えました。実は、今度は、日本クラシック協会が主催する次のコンクールでは私も審査員の立場になっているので、結構緊張します。コンクールで演奏するみなさんの成功をお祈ります。

2台ピアノコンサート

クラシック音楽が好きなみなさまへ。6月29日フィリアホールで、2台ピアノコンサートをやります。ブリュッセル音楽大学を卒業した素晴らしいピアニスト、奈良康佑さんと一緒に二回目の演奏会です。チラシの上にプログラムも書いてありますが、2台ピアノのために書かれた色々な時代の曲を演奏します。そして、プログラムの中で、一曲はには弦楽器オーケストラも入ります。それは何の曲、みなさんお分かりになりましたか?普段聴けない2台ピアノを響きを一緒に楽しみましょう!是非、お待ちしています。

親を大切にしましょう

こんにちは。私はこの間急に実家に行くことになりました。空港でフライトを待っていた時間はとても重くて長かったです。母のお葬式に急いでいた、焦っていた心の中には、「何で私はこんな遠い所にいる?何で私は外国にいる?ママと会いたい!もう一回だけ会いたい・・」痛みが響いていました。

アゼルバイジャンでは、家族の関係はとても強いです。家族の暖かさが一番大事です。今の、色々変わっている世界にはちょっと珍しいかもしれません。でも、人生は、人間が思っているぐらい長くないですよ。本当に、短いです。家族の人、特に親を大切にしましょう。

アゼルバイジャンの音楽ライブ、2018

いつもと同じ、毎年一回必ず自分の国の伝統音楽を日本人の音楽仲間と一緒に演奏すること、今年も続けます。そして、今年の伝統音楽ライブは、東京の西荻窪駅のすぐ近くにあるライブハウスですやります。小さいですが、ちょっと格好いいライブハウスです。アゼルバイジャンの伝統楽器奏者、大平清さんに誘われて久しぶりに伝統楽器の素敵な伴奏でアゼルバイジャンの歌を楽しく演奏します。5月26日、19:00~、お待ちしております!

2018年

明けましておめでとうございます。

2018は、皆様に素晴らしい一年になりますように。お正月は、どう過ごしましたか?

私は、東京に寄席見に行きました。実は、ずっと前から落語を生で聞きたかったですが、たぶん日本語が分からないと思って遠慮していました。でも、どうしても行きたくて、今年は行くことを決めました。日本語よく分からなくても雰囲気を味わう、と考えながら会場に入って座布団で座りました。そして、落語が始まったら、日本語のことを気になっていた私の笑い声が一番デッカイ!でした。本当に楽しかったです!

みなさんも、毎日を楽しく過ごしてください。

ところで、今年(2018)は、私に対してちょっと特別です。10年前(2008年に)日本に来ました。この10年間でたくさんの友達と音楽仲間、そして応援してくださるお客さんができてとても嬉しいです。今年は「音楽の家」の企画で特別プロジェクトを作りたいと思いますので、コンサート案内を見るのは忘れないでくださいね。

座間市国際コミュニケーションサロン 世界の窓

みなさん、

座間市ではじめて、世界の窓という国際コミュニケーションサロンご開きました。座間市文化センターの主催でやっているこの会では、月に一回第三土曜日に多文化に興味がある方々が集まっています。毎回違うテーマでおしゃべり、面白い話など。日本人も、外国人も気軽に会話できる場所です。場所:座間市北地区文化センター。14:00-16:00。入場無料。

12月のテーマは、 お茶を飲みながら話そう~今年のこと・新年のこと。

1月のテーマは、中高生が見たスマーナ(アメリカ)~国際親善大使の話。

2月のテーマは、日本で暮らして感じたこと~中国・アゼルバイジャン。

 

雨の日

私はサンマルクカフェが好きです。落ち着く雰囲気です。よく入っています。今日も入りました。ガラスの大きな窓から外の雨を見ながらコーヒーを飲んでいます。そして、色々考えています。実は、先程カフェの入り口の前に五十代の女性がと足を止めたことに窓から気がつきました。とても貧乏な洋服を着ていましたが、きれいでした。彼女は、美味しそうな写真が載っているメニューを見て、ため息をしました。そして、自動販売機で紅茶を買って石の上に座って飲み始めました。
ちょうど、私が座っていた席の前、私の目の前でした。
外へ出て、[一緒にコーヒーを飲みましょう!私も一人ですよ]、と彼女に優しく声をかけたら、彼女はびっくりして [お金がない]、と言っていました。[私はごちそうするから、行きましょう]、と言ったらもっとびっくりして、[知らない人と行かない!]、と言ってすぐに立ち上がって行ってしまいました。

あ~、、、かわいそう、、、驚かせた!、、私下手だな、、、。と思いながら私はカフェに戻りました。

つまらないお話かもしれませんが、私はあの女性の悲しい目がなかなか忘れられません。